菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マンション経営におけるオーナーチェンジとは?空室のリスクを減らそう!

マンション経営におけるオーナーチェンジとは?空室のリスクを減らそう!

≪ 前へ|綾瀬駅周辺のスーパーでおすすめの2店舗とは?仕事帰りや休日の買い物にも!   記事一覧   綾瀬駅周辺でおすすめの神社とは?特徴と見どころをチェック!|次へ ≫

マンション経営におけるオーナーチェンジとは?空室のリスクを減らそう!

カテゴリ:賃貸について

マンション経営におけるオーナーチェンジとは?空室のリスクを減らそう!

長期的に安定した収入を得られるマンション投資。
そんなマンション投資のなかで、「オーナーチェンジ」という物件があるのを知っていますか。
今回は、これからマンションオーナーを始めようと考えている方に向けて、オーナーチェンジ物件についてフォーカスします。
オーナーチェンジとはどのような物件か、特徴やメリット・デメリットについて把握して、今後の参考にしてみてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション投資のオーナーチェンジとはどのような物件?特徴が知りたい!

オーナーチェンジ物件とは不動産投資物件の一つで、入居者のいる既存の物件ごと売買契約することです。
オーナーを変更し、入居者ごと引き継ぎ契約するため、「オーナーチェンジ」といわれます。
入居者側からみると、賃貸契約はそのまま継続することに。
反対に、入居者がいない空室の物件を引き継いでも、オーナーチェンジとはいいません。
また一棟買いの際には、入居者が1室のみでも満室のどちらでも、オーナーチェンジ物件と呼びます。
オーナーチェンジ物件では、入居者から支払われる賃料のほか、前オーナーが受け取った敷金や管理費もそのまま引き継ぎます。
投資物件となるため、一般の住宅ローンは利用できず、アパートローンになることも特徴の一つです。

マンションのオーナーチェンジ物件のメリット・デメリットとは

続いて、マンション経営におけるオーナーチェンジ物件のメリット・デメリットとはどのようなものか、みていきましょう。

メリット

最初から家賃収入が得られる
入居者ごと引き継ぐオーナーチェンジ物件は、最初から家賃収入が得られるため、すぐにローンの返済にまわすことが可能です。
そのため、資金計画が立てやすいのが大きなメリットといえます。
家賃収入が見込まれ、ローン審査が通りやすくなるケースも。

契約後も運営しやすい
前オーナーから運営のノウハウをおしえてもらえるため、初心者でも投資しやすいでしょう。

空室物件よりコストがかからない
賃借権の観点から、一般的に入居者がいる物件のほうが価格は安くなります。
また、リフォームやリノベーションの必要がないことからも、初期費用がおさえられるでしょう。

デメリット

入居者や部屋のチェックがしづらい
入居者は前オーナーとすでに契約済なので、入居者情報や部屋の内部を詳しく知ることは難しいといえます。
チェックできる事項は、前オーナーに質問してみましょう。

まとめ

今回は、マンション投資におけるオーナーチェンジとはどのような物件か、メリット・デメリットについて詳しく紹介しました。
すでに入居者がいることは、マンション投資の初心者にとっては大きなメリットです。
デメリットに注意しながら、円滑な運用ができるとよいですね。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|綾瀬駅周辺のスーパーでおすすめの2店舗とは?仕事帰りや休日の買い物にも!   記事一覧   綾瀬駅周辺でおすすめの神社とは?特徴と見どころをチェック!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約