菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地だけを購入する際に利用できるローンにはどんな種類がある?

土地だけを購入する際に利用できるローンにはどんな種類がある?

≪ 前へ|賃貸の空室対策にはインターネット無料の設備!スムーズな経営のために   記事一覧   中古物件購入なら床のリフォームは住む前に!お得な施工のコツは優先順位|次へ ≫

土地だけを購入する際に利用できるローンにはどんな種類がある?

カテゴリ:売買について

土地だけを購入する際に利用できるローンにはどんな種類がある?

不動産を購入する際には大きな金額が動くことが多く、住宅ローンなどの融資を利用するケースが一般的です。
しかし、マイホームの購入では住宅ローンの利用が可能ですが、土地だけを購入する場合、購入するのは住宅ではないため、住宅ローンを利用することはできません。
今回は、土地の購入を検討される方に向けて、利用することができるローンについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地だけの購入でも利用可能なローン「つなぎ融資」とは?

つなぎ融資とは、将来的に利用する別のローンが融資されるまでの間、必要となる中間金などの金額を一時的に借りることができるという方法です。
たとえば、注文住宅を建てるために、先んじて土地だけを購入した場合、この購入費用に関しては住宅ローンを組むことはできません。
そのため、住宅ローン融資をうけるまでの間、自己資金がない場合は暫定的に別のローンを組み、購入費用を用意する必要があります。
手元に自己資金がない場合でも、その名の通り、つなぎとしてローンを利用することで、融資を受けることができる方法です。
この方法で借り入れた金額に関しては、住宅ローンで得た貸付金のうちから返済することが一般的です。
ただし一時的な貸付であることから、金利が高い、借入期間が短いなどの特徴があるため、利用する際は注意する必要があるでしょう。

土地だけの購入でも利用可能なローン「土地先行融資」とは?

土地先行融資とは、土地代金のみに対して融資を受けることができる制度のことをいいます。
土地先行融資は、定められた期間内に住宅を建てるという条件のもと、土地の購入や建築にかかる費用などについて複数回にわたって融資をうけることができる「分割融資」のうちのひとつに位置付けられます。
そのため、土地先行融資をうける場合には、事前に建築予定の住宅に関する資料の提出が求められることが多いため、検討される方はあらかじめ用意しておくことをおすすめします。
土地に関して借り入れたとしても、その後住宅が完成してから、住宅に関するローンの審査が通らない、などのトラブルが発生する可能性があるため、事前に土地と住宅両者の資料を提出し、問題がないことを明らかにしておくとよいでしょう。
ただし、この融資の方法は金融機関などによっては取り扱いがないこともめずらしくなく、また土地を抵当権に入れる必要があるため、注意が必要です。
また、複数回融資をうけることができるという特徴がある一方で、分割して融資をうけることができる回数には、上限が設けられていることが一般的です。
そのため、まとまった金額が必要となるタイミングや回数などをあらかじめ把握し、計画的に利用することをおすすめします。

まとめ

今回は、土地の購入を検討される方に向けて、利用することができるローンについてご紹介しました。
不動産のなかでも、特に土地だけの購入を検討する場合、「つなぎ融資」や「土地先行融資」といった方法をとることができます。
それぞれの特徴をおさえ、計画的に利用することで、ローン滞納や不要な出費などのリスクを回避することができるでしょう。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の空室対策にはインターネット無料の設備!スムーズな経営のために   記事一覧   中古物件購入なら床のリフォームは住む前に!お得な施工のコツは優先順位|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約