菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 購入した戸建てにサンルームを後付けする際の注意点とは?

購入した戸建てにサンルームを後付けする際の注意点とは?

≪ 前へ|ワンルームの不動産投資は気軽に始められる?メリットと注意点とは?   記事一覧   戸建て住宅に宅配ボックスを設置するメリットとは?設置方法や費用もご紹介|次へ ≫

購入した戸建てにサンルームを後付けする際の注意点とは?

カテゴリ:エリア・暮らしについて

購入した戸建てにサンルームを後付けする際の注意点とは?

日差したっぷりのサンルームで、リラックスタイムを過ごしたいと思う方は多いのではないでしょうか。
戸建てを購入した後にサンルームの後付けを検討する方もいらっしゃいます。
しかしサンルームはメリットばかりでなく、デメリットもいくつか存在します。
この記事では、戸建て購入後にサンルームを後付けする場合のメリットやデメリット、また税金関係の情報などを説明していますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建て購入後にサンルームを後付けした際のメリット・デメリットとは

サンルームは洗濯物を干す際にその効果を大いに発揮します。
雨や雪の天候に関係なく洗濯物を干せるのは、主婦にとってありがたいことです。
また、テーブルと椅子を置いて、お茶を飲みながら読書などを楽しむ空間としても活用できます。
小さな子どもやペットが遊ぶ場所としても活用できるでしょう。
他にも、塩害に悩まされている地域などでは、鉢などをサンルーム内に置くことで植物を塩害から守れます。
また、サンルームがあることで外気と内気との間にワンクッション置かれ、隣接する部屋は断熱性が高まります。
そのためエアコンの効果が上がり、節約にもつながるでしょう。
デメリットとしては、まず、夏場は暑く、冬場は外部の空気の影響で冷えてしまうことがあげられます。
また、施工の際にエアコンの室外機や外構にあるエクステリアなどが邪魔になる場合があります。
その場合はサンルーム本体を加工しなくてはならず非常に手間です。
さらに、壁に釘などの部材を固定する際は、その周りをコーキング処理する必要があります。
このように邪魔な部分をカットするオーダーメイドの代金やコーキング処理により、高額になる可能性があるでしょう。
他にも、施工により本体の建物自体の保証が付かなくなってしまうことがあります。
これは、サンルームを設置する際、外壁に大きな穴を開けてビスを打ったり、ボルトをねじ込んだりする必要があるからです。
保証を無効にしてしまうかもしれないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

戸建て購入後にサンルームを後付けした際の税金とは

法律では「屋根があり、壁やガラスで3方向囲まれていて、床から天井までの高さが1.5m以上の建物」が固定資産税の対象と定められており、サンルームはこれに当てはまります。
そのため、広さから考えればそれほど高額にはなりませんが、固定資産税は増税されます。
たとえば6畳程度であれば年間1万5千円から2万円程度のプラスになるでしょう。
また、施工により建ぺい率を超えると火災保険や地震保険などが下りない場合があるので、違反にならないように注意が必要です。

まとめ

利便性の高いサンルームですが、利便性や税金面などのデメリットもいくつかあります。
また、建物本来のイメージが崩れてしまうこともあるので、依頼人の希望を考慮したうえで適切なアドバイスをくれる業者に依頼しましょう。
今回の記事を参照しつつ、ぜひ思い描いたとおりのサンルームを手に入れてください。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ワンルームの不動産投資は気軽に始められる?メリットと注意点とは?   記事一覧   戸建て住宅に宅配ボックスを設置するメリットとは?設置方法や費用もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約