菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 戸建てにビルドインガレージを設備したい!気になるメリットと税金問題

戸建てにビルドインガレージを設備したい!気になるメリットと税金問題

≪ 前へ|賃貸オーナー必見!賃貸での電球の管理はどのようにすべき?   記事一覧   不動産投資に必要な修繕の種類と時期や費用の目安について|次へ ≫

戸建てにビルドインガレージを設備したい!気になるメリットと税金問題

カテゴリ:売買について

戸建てにビルドインガレージを設備したい!気になるメリットと税金問題

車好きな人なら、ビルトインガレージがある家を一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。
しかし魅力的に見えるビルトインガレージにも注意すべき点がいくつか存在します。
今回は新しく購入する自宅にビルトインガレージの設備を検討している人に向けて、メリットとデメリット、家の税金について説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建てにビルトインガレージを設備するメリットとデメリット

ビルトインガレージのもっとも大きなメリットは自動車を守れることです。
雨風や雪、地域によっては黄砂などが気になる場合でも、ビルトインガレージがあればそれらから車を守れます。
防犯用のシャッターがあれば、いたずらや盗難などの犯罪からも車を守ってくれるでしょう。
車やバイクを頻繁にメンテナンスしたり、DIYに凝っていたりする人にとっても、趣味のスペースとしてビルトインガレージはとても便利です。
家の中だと大掛かりなDIYは難しいですが、ビルトインガレージなら換気や掃除がしやすいため、片付けの心配をせずに作業できます。
戸建ての購入時、土地を節約できる点もメリットと言えるでしょう。
都心に戸建てを建てるとき、敷地の問題で駐車場を設けられないことが珍しくありません。
しかしビルトインガレージは家の1階や地下を使うため、狭い土地を有効活用できます。
そのため狭小地の戸建てに駐車場を設備したい場合はビルトインガレージがおすすめです。
一方でデメリットとして、居住に使うスペースが狭くなることがあげられます。
土地が狭いと、1階がガレージと玄関のみになってしまう場合もあります。
また、設置費用についても考慮しておくべきでしょう。
シャッターや照明などの直接的な費用に加えて、耐震補強工事が必要な場合もあります。

戸建てにビルトインガレージを設備すると税金が安くなる?

戸建てを購入すると、土地と建物に対して固定資産税がかかります。
固定資産税は不動産の価値によって税額が変わり、建物の場合は建材や部屋の広さで価値が決められます。
ビルトインガレージは部屋としての面積は広いですが、使われている建材はあまり高価ではないことが多いため、固定資産税は一般的に低いです。
また、ビルトインガレージが延べ面積の5分の1以下であれば、ガレージの面積は床面積に入らないとされており、その場合も固定資産税を抑えられます。
しかし電動シャッターなど付加価値をつけるとその分高くなるので、税金対策を兼ねて設置する場合は気をつけましょう。

まとめ

ビルトインガレージは車持ちの方にとってメリットが多いであるものの、人によっては無視できないデメリットも確かに存在します。
戸建ての購入前にメリットとデメリットを確認したうえで、ぜひビルトインガレージの設置を検討してください。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸オーナー必見!賃貸での電球の管理はどのようにすべき?   記事一覧   不動産投資に必要な修繕の種類と時期や費用の目安について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約