菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > インスペクションとは?不動産売却前に実施する目的と費用相場

インスペクションとは?不動産売却前に実施する目的と費用相場

≪ 前へ|賃貸契約をする際に知っておくべき善管注意義務とは?違反するとどうなる?   記事一覧   足立区の綾瀬駅周辺にある東京武道館の施設をご紹介|次へ ≫

インスペクションとは?不動産売却前に実施する目的と費用相場

カテゴリ:売買について

インスペクションとは?不動産売却前に実施する目的と費用相場

中古不動産を売却する際に、インスペクションを活用する方が増えてきています。
しかし、インスペクションの目的や効果がいまいちよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、中古物件の不動産売却を検討している方に向けて、インスペクションとはどういったものなのかについて、そしてインスペクションを実施する目的や必要な費用についてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却をスムーズにするインスペクションとは

インスペクションとは、専門家による中古不動産の住宅診断のことです。
「既存住宅状況調査技術者講習」を修了した建築士によって実施され、国が定めた既存住宅状況調査方法基準に沿って進められます。
調査の対象は、主に不動産の基礎にあたる部分。
具体的には、土台や柱、壁、屋根、排水管といった構造耐力にかかわってくる箇所や、雨水の侵入に影響する部分などの状況確認です。
そのため、インターフォンや給湯器などの室内設備に関しては調査されません。
また、インスペクションは既存の住宅のみを対象としているので、未使用あるいは築1年に満たない住宅、もしくは店舗や事務所なども調査対象外となります。

不動産売却前にインスペクションを実施する目的とは

インスペクションは売却前の実施が義務付けられているものではありませんが、中古物件の状況を正しく把握し、スムーズな売却につなげることを目的として活用する方が増えているようです。
修繕が必要な箇所を発見できれば売却前に対応できますし、調査結果次第ではその不動産が優良であることを裏付ける証明にもなります。
また、インスペクション済みの不動産は、購入検討者に対する安心感や信頼感にもつながるのです。
ただし、インスペクションでは計測機器による計測や動作確認も実施されますが、主な調査方法は目視となっています。
そのため、中古不動産の状態を100%把握できるわけではないと考えておきましょう。

不動産売却前にインスペクションを実施するための費用相場

インスペクションの実施に必要な費用は、5万円から7万円ほどが相場だとされています。
実施する不動産の広さや調査範囲によっても費用は異なり、たとえば床下や屋根裏調査をオプションで依頼すると、1万5,000円から3万5,000円ほどの追加料金がかかります。
また、報告書作成費用がベース料金に含まれていない場合は、別途5,000円から1万5,000円ほど費用がかかると考えておきましょう。

まとめ

中古不動産の場合、売却後に不具合などが見つかってしまうと、損害賠償を求められるなど思わぬ大きなトラブルに発展してしまうことがあります。
それらのリスクを回避し、安心でスムーズな不動産売却を進めるためにも、インスペクションの実施を検討してみてはいかがでしょうか。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸契約をする際に知っておくべき善管注意義務とは?違反するとどうなる?   記事一覧   足立区の綾瀬駅周辺にある東京武道館の施設をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約