菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > オーバーローンで家を売却する場合の方法について

オーバーローンで家を売却する場合の方法について

≪ 前へ|ご成約御礼【北区堀船3丁目 中古一戸建て】    記事一覧   家族信託とは一体なに?手続きの流れについて解説|次へ ≫

オーバーローンで家を売却する場合の方法について

カテゴリ:売買について

オーバーローンで家を売却する場合の方法について

家を売ってもローンが残ってしまうことをオーバーローンといいます。
オーバーローンというとかなりリスクが高いように感じますが、きちんと段取りを考慮して慎重に家を売れば最小限にリスクとコストを抑えることが可能です。
ここではオーバーローンの際の家の売却方法と注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

オーバーローンで家を売却する方法について

家主がオーバーローンの状態でも売ることは可能です。
ここではその際の方法や段取りについてご紹介します。
一つひとつを考慮にいれながら慎重に売却をすすめていきましょう。

まずはオーバーローンの残高について調べる

オーバーローンになっているのであればその残高と、実際に家を売った場合に得る売却価格についてくわしく正確に調べます。
ローンについてはお使いの金融機関で売却価格については複数の不動産を利用して査定してもらうことは大切です。
査定についてはなるべく条件の良い業者を探すことをおすすめします。

税金特例を利用したオーバーローンの返済について

家を売るときに譲渡損失の売却特例という制度を活用することでコストを抑えることができます。
この特例はオーバーローン分の金額を所得から控除するもので、たとえば残りが100万円の場合に給与所得が400万円であれば、その年の所得を300万円にすることができます。

オーバーローンで家を売却する場合の注意点

持ち家の購買価格よりローンが残っているわけですからその分リスクが高いといえます。
リスクを抑え金銭的に余分なトラブルを避けるためにも、さまざまなことに注意をはらう必要があります。

家の抵当権について

ローンがある場合の注意点として家の抵当権があります。
ローンを抱えている状態では家の抵当権は金融機関が持っていることになり、状況によっては差し押さえられることもできます。
抵当権を取るまで、住宅ローンを払い終えるか、住み替えローンなどを利用することを検討してください。

自宅を売却する前に次の家を購入してはいけません

住み替えを急いでオーバーローンの状態にもかかわらず、次の家を購入してしまうケースがあります。
住宅の売却にはある程度の時間と予算がかかるため、最悪の場合は二重のローンを抱えてしまうことがあるので、住み替えよりも先に売ることを先行しましょう。

要チェック|足立区綾瀬の物件一覧

まとめ

オーバーローンがあるまま家を売却する場合あの方法や注意点などをまとめました。
マイホームの購入は人生でもっともコストがかかり、リスクの発生しやすい買い物です。
その上、また新しい住まいを購入するのですから、自ずとコストとリスクも高くなるので売却については慎重になることをおすすめします。
菱和開発株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
売却や住宅ローンに関するご相談も承っております!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ご成約御礼【北区堀船3丁目 中古一戸建て】    記事一覧   家族信託とは一体なに?手続きの流れについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約