菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 満室の物件と空室の物件の違いも解説!不動産投資できちんと利益を出していく方法

満室の物件と空室の物件の違いも解説!不動産投資できちんと利益を出していく方法

≪ 前へ|ご成約御礼【足立区東和3丁目 新築一戸建て】    記事一覧   新築一戸建てを購入するなら知っておきたい!「建築基準法」について|次へ ≫

満室の物件と空室の物件の違いも解説!不動産投資できちんと利益を出していく方法

カテゴリ:賃貸について

満室の物件と空室の物件の違いも解説!不動産投資できちんと利益を出していく方法

せっかく不動産投資をするなら、できるだけ多くの利益を得られるようにきちんとした知識やコツを押さえておきたいですよね。
今回は不動産投資物件で着実に利益を出すために満室にする方法と空室になってしまう原因を見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

手持ちの不動産投資物件を満室にする方法とは

満室経営ができている物件は、入居希望者を惹きつける魅力がありつつも、入居への敷居が低い点が特徴と言えます。
大きな違いを生むのは、下記のようなポイント。

●家賃設定が部屋の立地や設備に見合っている
●管理会社による日々の管理が行き届いている
●年齢や国籍などに対する入居対象者への制限が少ない


満室経営をしていくためには、入居者の募集条件の見直し・賃貸物件の建物や設備管理の徹底・管理会社や仲介会社とのコミュニケーションの徹底や営業力の見直しなど、多角的にアプローチを取っていくことが大切です。
また、築年数が経過している物件や退去率の高さが気になる物件を所有している場合などは、類似物件との差別化を図ることも重要なポイントです。
大幅なリフォームを検討してみたり、フリーレントを取り入れてみたりと、注目度が高まっている要素を取り入れることで、劇的に状況が変化することもあります。
不動産管理会社と相談をしながら、より高い効果が見込める方法を積極的に検討していきましょう。

不動産投資で重要、空室になってしまう原因と満室経営をおこなう方法

不動産投資は、リスクとリターンのバランスがよく、中長期を見越した投資として人気の投資方法です。
利益を得やすい不動産を手にすることも大切ですが、手に入れた不動産を収益物件にして着実に利益を出していくためには、やはりコツを押さえた運営をしていくのがポイントとなります。
一般的に空室をつくってしまう原因とされているのは、物件にそぐわない賃料、入居者募集数やターゲット層の不足、部屋のコンディション・設備・管理体制の問題などです。
空室率には、どれかひとつの条件が影響しているのではなく、複合的な条件が影響を及ぼしていると言われています。
ときには周辺環境の変化により空室率が上がってしまう場合もありますが、管理会社が替わってから空室が増えた場合などの特殊な背景があるときは、管理会社に任せっきりにするのではなくオーナーの立場からきちんと意見をするようにしましょう。

まとめ

不動産投資として経営する賃貸物件はできるだけ満室状態をキープしていきたいものですよね。
コンスタントに収益を出すことができている賃貸物件の多くは、物件の運営管理がポイントになっています。
利回りに直接影響の出る空室を出さないためにも、ぜひ管理会社との連携を高め積極的に対策をしていきましょう。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ご成約御礼【足立区東和3丁目 新築一戸建て】    記事一覧   新築一戸建てを購入するなら知っておきたい!「建築基準法」について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約