菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 新築一戸建てを購入するなら知っておきたい!「建築基準法」について

新築一戸建てを購入するなら知っておきたい!「建築基準法」について

≪ 前へ|満室の物件と空室の物件の違いも解説!不動産投資できちんと利益を出していく方法   記事一覧   不動産投資の際に加入する団体信用生命保険とは?種類も紹介|次へ ≫

新築一戸建てを購入するなら知っておきたい!「建築基準法」について

カテゴリ:売買について

新築一戸建てを購入するなら知っておきたい建築基準法のお話

「建築基準法」という言葉を聞いた事があっても、具体的にどんな内容の法律でどんなときに関係してくるのか、よくわからない人も少なくないことでしょう。
ここでは、建築基準法についてわかりやすくお話していきますので、これから新築一戸建てを購入しようと検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築一戸建てを購入するなら知っておきたい法律「建築基準法」とは?

そもそも建築基準法とは、どのような内容でなんのための法律なのでしょうか。
日本国民が安心して暮らしていくためには、安全性の保証された建物であることが大切になってきます。
そこで、建築物の質や安全性に最低限の基準を設けて、ルールを定めたものを「建築基準法」と言います。
建築物、建築物の敷地、建築物の構造、設備、用途を対象に建築基準法は定められています。
建築基準法では、建物を建て始める前や建てている中間、完了後など、決められた段階で確認や検査を受けるように定められています。

「建築基準法」が新築一戸建ての建設に関係してくるポイントとは?

では、戸建てを建てる場合のどのような点に「建築基準法」が関係してくるのでしょうか?
まず、日本という国はとても地震が多い国なので、大きな地震にも耐える建物である必要があります。
地震が起きた時に耐えられる建築物の強さを保つための基準として定められているのが、耐震基準です。
耐震基準は、屋根の重さと床面積、建物の見付け面積をもとに基準値が決められている耐震壁の量を始めとして、さまざまな項目があり、これまでに起きた地震の時期や規模によって見直しや改正が繰り返されています。
他に建築基準法には、敷地が道路に2m以上接していなければならないという接道義務や、容積率、建蔽率、高さ制限などの家の規模に関わる決まりがあります。
建築基準法は、時代とともに改正されているもので、戸建てを建てる時に関係してくる内容も少なくありません。
更に、2020年には「改正省エネ基準」という建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律も義務化されました。

まとめ

国民が安心して生活してくために、建築物やその敷地、構造や設備には、建築基準法が定められています。
戸建てを建てる場合にも、耐震基準や接道義務、容積率、建蔽率、高さ制限など、さまざまな建築基準法が関係してきます。
建築基準法は、地震の規模や時代とともに改正されているので、一戸建ての購入を検討している方は、新しい情報を知っておくようにしましょう。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|満室の物件と空室の物件の違いも解説!不動産投資できちんと利益を出していく方法   記事一覧   不動産投資の際に加入する団体信用生命保険とは?種類も紹介|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る

来店予約