菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却でかかる税金対策を理解して節税する方法をご紹介!

不動産売却でかかる税金対策を理解して節税する方法をご紹介!

≪ 前へ|住宅ローンが返済不可となった場合の対処法   記事一覧   ご成約御礼【日神パレステージ北綾瀬 中古マンション】|次へ ≫

不動産売却でかかる税金対策を理解して節税する方法をご紹介!

カテゴリ:売買について

不動産売却でかかる税金対策を理解して節税する方法をご紹介!

売却金額が高額になりやすい不動産売却では、税金の金額も高くなりがちです。
もしかしたら、高額な支払いが発生するのではないかと不安な方もいるでしょう。
複数の税金対策がありますので、詳しくご紹介します。
節税で悩んでいるなら、ご紹介する税金対策を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時にかかる税金の種類について

不動産を売却すると、いくつかの種類の税金がかかります。
かかる税金の種類としては、印紙税・登録免許税・譲渡所得税です。
それぞれ税金がかかるタイミングが異なるため、注意してください。
印紙税は、不動産売買契約書の印紙代としてかかる税金です。
契約金額により印紙税が決められており、5,000円~100,000円程度を考慮しましょう。
また、登録免許税は、不動産売却の際の名義変更に必要となる税金です。
かかる金額は、固定資産税評価額に2%をかけています。
なお、印紙税と登録免許税は、令和4年3月31日まで軽減税率の適用があります。
最後の譲渡所得税は、不動産売却における利益に対する、所得税・住民税・復興特別所得税のことです。

不動産売却にかかる税金それぞれの計算方法についてご説明

印紙税は契約金額に合わせた金額で、登録免許税は固定資産税評価額による計算法です。
それぞれの金額に合わせて、支払う金額を割り出してください。
また、譲渡所得税の場合は、計算方法が少しわかりにくいかもしれません。
単純な割り出しでは、売却価格からかかった費用を引いて利益が出ているかでわかります。
たとえば、1,000万円で不動産売却した場合で、費用が500万円かかっているときには、500万円の売却益があるとわかるでしょう。
売却益があれば、所得税と住民税、特別復興所得税の課税対象です。
また、正確に不動産売却益を計算する場合では、以下の式に当てはめてください。
「譲渡価格-取得費-譲渡費用-特別控除」です。
譲渡価格は不動産を譲渡した金額、取得費は購入時にかかった費用、譲渡費用は譲渡する際にかかった金額のことです。
特別控除は要件を満たすと適用できるため確認してください。
なお、取得費は、所有期間に応じた減価償却の計算も忘れないようにしましょう。

不動産売却の税金対策としての控除について

不動産売却で譲渡所得があるときは、税金を減らす税金対策を活用するといいでしょう。
税金対策は複数あるため、事前の確認がおすすめです。
たとえば、マイホームの3,000万円特別控除、相続空き家の3,000万円特別控除などです。
また、譲渡費用や取得費に加えられるものがあれば計上するようにしてください。
ほかにも、税率が下がるタイミングで不動産売却する方法も、税金対策としておすすめです。

まとめ

不動産売却では高額な税金がかかるのではないかと、心配している方もいるでしょう。
計算方法がわかりにくく、どの税金対策が使えるかは、判断が難しいかもしれません。
税金対策で不明な点があるときには、事前に相談することがおすすめです。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。


お問合せはこちら


その他の成約情報はこちら


仲介手数料無料物件の情報はこちら


住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住宅ローンが返済不可となった場合の対処法   記事一覧   ご成約御礼【日神パレステージ北綾瀬 中古マンション】|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約