菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の空室対策としてのユニットバスの分離!費用はどれぐらいかかる?

賃貸物件の空室対策としてのユニットバスの分離!費用はどれぐらいかかる?

≪ 前へ|賃貸物件の管理で知っておきたい!粗大ごみトラブルの対策とは?   記事一覧   不動産売却で使用される公簿売買の概要とトラブルについて|次へ ≫

賃貸物件の空室対策としてのユニットバスの分離!費用はどれぐらいかかる?

カテゴリ:賃貸について

賃貸物件の空室対策としてのユニットバスの分離!費用はどれぐらいかかる?

賃貸物件は、バストイレ別の物件に人気が偏るため、ユニットバスを分離したいとお考えのオーナーさんもいるかと思います。
では、空室対策のためユニットバスを分離する場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
今回は、分離費用やそのまま貸し出す際の工夫について詳しく解説したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の空室対策!ユニットバスの分離費用ってどのくらい?

ユニットバスの分離費用

分離工事には、仕切りを設けてバストイレを分離する方法と、トイレを移設する方法があります。
バストイレに仕切りを設ける場合、仕切りの設置に10万円~20万円、トイレのクロスや床の張り替えに10万円程の費用が必要になります。
また、仕切りを設ける際に洗面所を移設する場合、追加で10万円程度かかります。
トイレを移設する場合、トイレの解体・撤去に10万円、新しいトイレの導入に10万円、トイレの設置場所の工事に30万円、ユニットバスの防水工事に5万円程の費用が必要になります。
また、給排水管工事が必要な場合は、追加で5万円程度かかります。

分離することで入居者は確保できる?

ユニットバスの分離工事を検討するなかで気になるのは、分離をすれば入居者を確保できるのかどうかではないでしょうか。
バストイレ別の物件は人気があるものの、家賃を抑えたい人や立地など他の条件に魅力を感じた人は、ユニットバスの物件を選ぶこともあります。
高額な費用をかけてリフォームをしても、必ずしも入居者が確保できるわけではないことを、頭に入れておきましょう。

ユニットバスの賃貸物件でも工夫次第で空室対策はできる!

ユニットバスの分離のように高額で大掛かりな工事をしなくても、工夫で魅力的に見せるにはどうすれば良いのでしょうか。
ユニットバスであることを活かした2つの方法をご紹介します。

ユニットバス内をモデルルームのように

ユニットバスも海外っぽいおしゃれな感じを出せれば若い方に受けそうですよね。
ホテルのバスルームなどをイメージしたアイテムやカラーコーディネートでおしゃれに魅せることで、アピールすることもできます。
ターゲットを絞って、それに合わせたおしゃれな小物やグリーンを配置してみましょう。
足ふきマットやタオル、シャワーカーテンなど細部までの統一感にあるものを選ぶと印象が良くなります。

ユニットバス内をリノベーションする

雰囲気を一新したい場合は、少しの費用をかけてリノベーションする方法もあります。
タオルやトイレットペーパーを収納できる棚を取り付けたり、水栓をシングルレーバーに変えたりすると、使いやすさをアピールできるでしょう。
また、タイルやフロアシートをターゲットに合わせたデザインに張り替えることで、おしゃれな印象を与えられます。

まとめ

ユニットバスの分離費用は30万円~60万円程度かかりますが、リフォームをしても必ず入居者が確保できるとは限りません。
ユニットバス内をモデルルーム化したり、リノベーションしたりすることで、ユニットバスでも良い印象を与えられる可能性があります。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の管理で知っておきたい!粗大ごみトラブルの対策とは?   記事一覧   不動産売却で使用される公簿売買の概要とトラブルについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約