菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産があるなら知っておきたいリバースモーゲージとは?注意点も解説

不動産があるなら知っておきたいリバースモーゲージとは?注意点も解説

≪ 前へ|ご成約御礼【ルフォン北綾瀬シエルフォート 中古マンション】   記事一覧   オール電化の賃貸物件とは?さまざまな特徴について解説!|次へ ≫

不動産があるなら知っておきたいリバースモーゲージとは?注意点も解説

カテゴリ:売買について

不動産があるなら知っておきたいリバースモーゲージとは?注意点も解説

不動産がある場合に知っておきたいリバースモーゲージとはどのようなものかご存知でしょうか。
リバースモーゲージとは高齢者向けの不動産を担保にして資金を借りる方法の1つです。
今回はリバースモーゲージについてや、メリットと注意点を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を担保とするリバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは、自宅や不動産を担保にして自宅に住みながら老後資金を受け取り、死後に担保となっている不動産を処分するか、現金一括かを選んで返済する仕組みのことです。
特徴は次の3つです。

●不動産を担保とする死亡時元利一括返済
●月々の支払いは利息のみ
●契約対象者は高齢者


不動産はあるが貯蓄があまりない場合、リバースモーゲージを利用することによって、自宅に住み続けながら資金を得ることができます。
リバースモーゲージで得た資金は、老後の生活資金や子どもへの生前贈与、住宅ローンの残債の支払いに充てることができます。
また、家の老朽化で住み替えやリフォームが必要な場合は、リバースモーゲージ型住宅ローンを利用する方法もあります。

不動産を担保とするリバースモーゲージのメリット

リバースモーゲージの1番のメリットは、自宅を手放さずにそのままの生活を送る中で、老後の資金を借りれることです。
また、元金は死亡後に返済するので月々の返済は利息のみとなり、月々の支出が少なくて済むこともメリットとして挙げられます。
そして、契約者が死亡した場合、配偶者が引き継ぐことができる仕組みになっている金融機関が多いのでそういったリバースモーゲージを利用すれば、契約者が亡くなったあと残された配偶者が家を失うことはありません。
借り入れ金の使途は自由なので、リフォームや老人ホームへの入居資金などへの利用も可能です。

不動産を担保とするリバースモーゲージの注意点について

老後に利用するには魅力的に思えるリバースモーゲージですが、注意点もあります。
通常の住宅ローンでは団体信用生命保険への加入が必須ですが、リバースモーゲージでは団体信用生命保険への加入することは不可能です。
そのため、借入金の一括の返済の必要があるため、注意しましょう。
また、リバースモーゲージを利用できるエリアは限られている場合が多く、利用したくても利用できない場合があります。
リバースモーゲージは変動金利のため、月々の返済額が変わりやすく、金利が高くなり返済額が増えると家計が苦しくなる可能性があります。
さらに、担保とする不動産の価値の動向によって途中返済しなければならなくなる可能性もあります。
なぜなら、多くの金融機関では貸付限度額を低くしており、担保評価額の50%~60%が目安となっています。
評価の見直しを数年ごとにおこない、そのタイミングで貸付限度額も見直します。
この見直しでそれまでの借り入れ額が貸付限度額を超えると超えた分あるいは残高をすべて返済することになります。
このリスクを避けるためには、貸付限度額ギリギリまで借りずに、余裕をもった金額を借りるようにするのが良いでしょう。

まとめ

リバースモーゲージは、自宅に住みながら資金を借りられる高齢者向けの仕組みです。
月々の支払いが利子のみのため少ないなど老後に利用するにはメリットが多く思えますが、注意点もあります。
とくに担保にする不動産の価値の動向によっては、途中返済の可能性があることを覚えておきましょう。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ご成約御礼【ルフォン北綾瀬シエルフォート 中古マンション】   記事一覧   オール電化の賃貸物件とは?さまざまな特徴について解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約