菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 遺産分割協議の進め方とトラブルを回避する方法

遺産分割協議の進め方とトラブルを回避する方法

≪ 前へ|分譲賃貸とはどんなもの?一般的な賃貸物件との違いを解説    記事一覧   賃貸借契約の保証人となる条件は?保証会社や保証人変更についても解説!|次へ ≫

遺産分割協議の進め方とトラブルを回避する方法

カテゴリ:売買について

遺産分割協議の進め方とトラブルを回避する方法

親や親族が亡くなり、遺産を受け取ることになったら、どのような手順で遺産の分割を進めていけばよいのでしょうか。
具体的な手順や、トラブルになった場合の対処方法や解決策について詳しく解説をします。

弊社へのお問い合わせはこちら

遺産分割協議の進め方とは

親や親族が亡くなり遺産を受け取ることになり、相続人が複数いる場合には、遺産分割協議が必要となります。
遺産分割協議とはどういったものか、進め方を知っておきましょう。
遺産分割協議とは、相続をする人が複数いる場合に、どのように遺産を分けるか話し合うことです。
遺言書があれば、協議する必要がないことも多いです。
遺言書と違う分け方をしたいケースでは協議がおこなわれることもあります。
協議をおこなう前に、相続人と、財産がどのくらいあるのか調査し、明確にしておく必要があります。
協議の進め方では、誰がどの財産を相続するか話し合い、合意を得られたら、遺産分割協議書を作ります。

遺産分割協議の進め方におけるトラブルとは

遺産分割協議では、どういったトラブルが考えられるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

遺産に不動産が含まれる場合

預金などは分けやすい財産ですが、不動産は平等に分けることが難しくなります。
遺産に土地や建物が含まれる場合は、分割方法や評価方法でトラブルになるケースがあります。

相続人が多い

遺産分割協議書をまとめるには、相続人すべての同意が必要です。
相続の対象となる人が多いと、全員が納得してスムーズに合意に至るのが難しいことがあります。
相続人同士が面識がなかったり、疎遠だったりすると揉める原因になることも多いです。

遺産分割協議の進め方におけるトラブルの解決策とは

遺産分割協議をスムーズに進めるためには、どういった解決策があるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

相続の前から話し合いをする

実際に相続が発生して、協議をおこなうのではなく、早めに話し合っておくことが重要です。
亡くなる前から、相続について事前に決めておくことで、スムーズに進めることができます。

遺言書を残す

遺言書に財産の分け方について記載がある場合、基本的に遺言書に従います。
遺言書がなく相続人が複数いる場合には、トラブルになり調停に及ぶことも考えられます。
あらかじめ専門家などに相談の上、法的効力がある遺言書を作成することがおすすめです。

遺言執行者を指定する

遺言書を作成した場合、遺言執行者を指定することも併せておこないましょう。
記載されている内容を実行する権限がある、遺言執行者を決めておくことで、トラブルを避けることができます。

まとめ

相続が発生すると協議をおこない、どのように財産を分けるか決める手続きが必要です。
相続人が多かったり、遺産に不動産が含まれる場合は進め方によってはトラブルの元となります。
生前のうちに専門家に相談の上、相続対策をしておくことをおすすめします。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|分譲賃貸とはどんなもの?一般的な賃貸物件との違いを解説    記事一覧   賃貸借契約の保証人となる条件は?保証会社や保証人変更についても解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約