菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンが返済不可となった場合の対処法

住宅ローンが返済不可となった場合の対処法

≪ 前へ|ご成約御礼【アーデル綾瀬コージーガーデン 中古マンション】   記事一覧   不動産売却でかかる税金対策を理解して節税する方法をご紹介!|次へ ≫

住宅ローンが返済不可となった場合の対処法

カテゴリ:売買について

住宅ローンが返済不可となった場合の対処法

住宅ローンを申し込んで返済をしているうちに、事情があり返済が難しくなるケースもあります。
返済が滞ってしまい、返済不可となった場合の対処法などについて知っておきましょう。
また、返済不可となった場合の流れや売却方法についても解説をいたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンが返済不可になりそうになった場合の対処法

住宅を購入して住宅ローンを組み、月々の返済をしていくのが一般的です。
しかしなんらかの事情で、途中で予定していた支払いをするのが難しくなることもあります。
払うのが難しい、滞納をしてしまいそうな場合の対処法についてご紹介いたします。

金融機関に相談をする

ローンを払うのが難しいことが判明したら、できるだけ早めに金融機関に相談をするようにしましょう。
返済に関する条件を変更して、月々の返済額を減額してもらう、といった対処法を提案してもらうことができます。

保険を確認する

病気やケガなどの理由で返済が難しい場合には、加入している保険が適用されるかチェックをしましょう。
病気の種類や条件によっては、保険が適用されることもあります。

乗り換えを検討する

住宅ローンを借り換えすることで、月々の返済額を抑える方法もあります。
それぞれの金融機関のローンの金利はインターネットなどで確認できます。

住宅ローンが返済不可となった場合の競売とは

もし住宅ローンが支払えなくなったら、どのような流れで競売に至るのでしょうか。
滞納が3か月ほど続くと、督促状、催告状が届き、一括支払いを求められます。
さらに延滞が続くと、金融機関から保証会社へ債権者が変わります。
保証会社は裁判所へ競売の申し立てをおこないます。
競売にかけられると、強制的に家を退去しないといけません。
競売での価格は、市場価格より安い値が付くため、残債の支払いが続く可能性が高いです。

住宅ローンが返済不可となった場合の任意売却をするメリット

返済不可となった場合には、任意売却をするという方法もあります。
任意売却とは、住宅ローンの債権者の許可を得て物件の売却をおこなうことです。
市場価格に近い金額で売却ができるというメリットがあります。
また、通常の売却の手続きと変わらないため、競売と違い公にならないこともメリットです。

まとめ

住宅ローンの返済が難しくなったら、できるだけ早めに金融機関に相談をしましょう。
金利が低い商品に乗り換えする対処法もあります。
返済不可の場合は、任意売却をするという方法も考えられます。
不動産会社に依頼して売却をおこないましょう。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。


お気軽にお問い合わせ下さいませ!


お問合せはこちら


その他の成約情報はこちら


仲介手数料無料物件の情報はこちら


住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ご成約御礼【アーデル綾瀬コージーガーデン 中古マンション】   記事一覧   不動産売却でかかる税金対策を理解して節税する方法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約