菱和開発株式会社 > 菱和開発株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸管理におけるテレワーク対応はどうする?対応のポイントを解説!

賃貸管理におけるテレワーク対応はどうする?対応のポイントを解説!

≪ 前へ|賃貸管理で心配なタイルの剥落!原因や責任は誰が負うのかについてご紹介   記事一覧   賃貸物件の入居者サービス「電動キックボードのシェアリングサービス」とは|次へ ≫

賃貸管理におけるテレワーク対応はどうする?対応のポイントを解説!

カテゴリ:賃貸について

賃貸管理におけるテレワーク対応はどうする?対応のポイントを解説!

賃貸物件の管理を検討している方のなかには「テレワーク対応をどうすべきか」と悩む方もいるでしょう。
今後、テレワークの普及が予測されているため、管理側として入居者のニーズを把握しておくことは大切です。
今回は、賃貸管理におけるテレワーク対応のポイントについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸管理におけるテレワーク対応のポイント

新型コロナウイルスの蔓延をきっかけに、テレワーク対応を考慮した賃貸物件の需要が高まっています。
テレワーク従事者が求める賃貸物件のポイントとして「部屋数の多さ」「防音性の高さ」「インターネット回線」などが挙げられます。
長時間のテレワークが恒常化している場合、普段の生活スペースとは別に、ワーキングスペースを確保したいと考える方が多いため「部屋数の多さ」は重要なポイントでしょう。
1Kなどの間取りでは、自宅での作業に集中できないため、感染リスクがあったとしても出社せざるを得ないというケースもあるようです。
また、在宅時間が増えることで、周辺環境の音が気になるようになったというケースも多く「防音性の高さ」が求められています。
逆に、リモート会議などで自分の声が近隣に迷惑をかけていないかを気にする方も多くいます。
集合住宅におけるトラブルでもっとも多いのが騒音トラブルでもあるため、防音性は管理側としても無視できないポイントのひとつでしょう。
メールの送受信・社内システムの利用・リモート会議など、テレワークには「インターネット回線」は必要不可欠です。
賃貸物件をテレワーク対応とするには、無料で安定したインターネット回線を提供することも大切なポイントとなります。

アフターコロナのテレワーク対応の賃貸管理とは?

新型コロナウイルスが落ち着いても、テレワークを継続する企業や団体もあるでしょう。
テレワークという働き方が一般的になれば、駅近などの要素は従来ほどのストロングポイントとはなり得ません。
今後は、住み心地の良い物件であるか、衛生を保ちやすい設備が採用されているかなどを重要視する層が増加していくと予測されます。
また、テレワークに限らずさまざまな場面で非接触型のやり取りが普及していくことも予測されるため、賃貸物件の管理者としてこの流れに対応していく必要があります。

まとめ

今回は、賃貸管理におけるテレワーク対応のポイントについて解説しました。
コロナ禍により、賃貸物件に求められる要素が変化していることを理解しておきましょう。
アフターコロナの時代は、従来とは違ったニーズの増加が予測されるため、賃貸物件の管理においても柔軟に対応することが大切です。
菱和開発 株式会社は綾瀬の賃貸・不動産管理を豊富にご紹介しております。
住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸管理で心配なタイルの剥落!原因や責任は誰が負うのかについてご紹介   記事一覧   賃貸物件の入居者サービス「電動キックボードのシェアリングサービス」とは|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


Oryzae KK

Oryzae KKの画像

賃料
7.5万円
種別
マンション
住所
東京都葛飾区東立石4丁目
交通
京成立石駅
徒歩2分

Oryzae KK

Oryzae KKの画像

賃料
8.1万円
種別
マンション
住所
東京都葛飾区東立石4丁目
交通
京成立石駅
徒歩2分

Oryzae KK

Oryzae KKの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
東京都葛飾区東立石4丁目
交通
京成立石駅
徒歩2分

Oryzae KK

Oryzae KKの画像

賃料
7.8万円
種別
マンション
住所
東京都葛飾区東立石4丁目
交通
京成立石駅
徒歩2分

トップへ戻る

来店予約